スグロカモメの居る街で

サッカーJ2 ギラヴァンツ北九州をまったりと応援しています

2016/5/15 J2 第13節

vs FC町田ゼルビア @町田市陸

 

結論として、選手を信じた監督の勝ちということでしょうか。

これまでと変わりないスタメンを見て、大丈夫?と心配したけれど、結果は

1-0の勝利!!

とはいえ、ずっと押し込まれていたので辛勝というべきですね。

原ちゃんの1点先制からずーーーーーっとヒヤヒヤしっぱなし。

なんとか勝てて良かったという感想。ゴールポスト・バーに助けられまくりだし。

スカパーの解説者からもアディショナルタイムを「魔の時間」と呼ばれてましたしね、見ている方も生きた心地しなかったです。

全員でしっかり守り切る感覚、忘れないで欲しいです。

 

セレッソ戦で原ちゃん復帰以降、爆発力はないけれど得点し続けているのが大きい。昨年18得点のルイにマークが行く分比較的原ちゃんが動きやすくなってるのを見ると、原小松のツートップ最高!と思っちゃいますね。個の力での得点もあるけど、ボールの出し手のモトさん起点なのもマル。ただこの辺りが押さえられてしまうと、打開できなくなってしまうところが課題ですね。あと、コテのパフォーマンスがあまり良くないのも気になる。なんかミスが多いなぁ。

イエローカードも多かった。カード気にして寄せて行かないよりはいいんだけれど、やっぱりちょっと技術的なところで上手くないのかな。一人ひとりがしっかり練習してほしいですね。

 

原選手がすごいなと思うところは、北九州に来た初年度は、2人から挟まれたらすぐに転ぶヤワ(?)な選手だったのが、昨年からはそういうシーンも圧倒的に少なくなっていて、相当に体幹鍛えて個人練習やったんだろうな、と思います。

J2の選手も以前からするとそうとうレベルアップしているので、個人の力を上げるのもとても大事ですね。(一般人の私も胸に手を当てて考えなきゃなぁと思います)

 

いずれにしても、今後ここから巻き返しを超期待!してます。

次節京都戦は私、所用で見に行けないんですけど…(ボソ)